本文へ移動

行動規範

行動規範

1.社会的使命・役割の遂行

(1)健全な企業体質の確立
 公正な事業活動を通じて、適正な利潤を得ることにより、健全で成長力のある企業体質を保持し、将来にわたって社会の
 発展に貢献します。
(2)顧客の満足と信頼の獲得
 取引先との連携強化を図り、相互信頼のもと良質で安全・安心な建設生産物の提供および施設の保全管理を行い、道路を
 利用されるお客様に安全と安心をご提供し、快適な環境を創造し、顧客の満足と信頼を獲得します。
(3)品質の確保と技術の向上
 契約を遵守することはもとより、誠実に事業に取り組み、品質の確保に努めるとともに、技術・技能の向上に努めます。

2.法令等の遵守

(1)法令の遵守
 法令及びその他の社会規範を遵守し、社会倫理に適合した良識ある行動をします。
(2)政治・行政との関係
 政治・行政との正常かつ健全な関係を保ちます。
(3)反社会的勢力等への対応
 市民社会に脅威を与える反社会的勢力及び団体などには、毅然として対応し、一切の関係を遮断します。
(4)適正な財務処理等の実行
 企業の取引や資産状況について、正確かつ適正な会計処理と記録を行い、財務申告の信頼性を確保します。

3.安全衛生対策

 (1)安全衛生対策の強化・充実
 労働災害や労働疾病を防止し、安全と健康を確保するため安全衛生対策の強化・充実を図ります。
(2)工事の安全確保
 工事・作業関係者は現場の安全を堅持し、お客様や地域社会の安全確保を最優先に考えます。
(3)終わりなき安全衛生対策
 「安全衛生対策にゴールなし!」をモットーとし、常に安全衛生管理レベルの向上を目指します

4.公正かつ誠実な企業活動

(1)公正な取引
 常に公正で透明な手続きのもと、適正な取引を行います。
(2)協力会社とのパートナーシップの保持
 専門工事業者、資材納入業者等の協力会社とは、互いの立場を尊重し、良きパートナーとして対等な関係を構築・保持し、公正な取引を行い役割分担と責任範囲を明確にします。
(3)知的財産等の保護
 他者の知的財産権や機密情報を尊重するとともに、事業活動を行う上で取り扱う個人情報等を適切に管理・保護します。
(4)危機への対応
 災害・事故等の緊急事態発生時には、道路機能及びサービス機能を確保するための作業・活動を迅速・適切に行います。

5.社会との共生

(1)社会への貢献
 災害時の緊急対応・支援など、地域社会の安全・安心に資する活動に尽力し、良き企業市民として地域社会の発展に貢献します。
(2)環境保全への取り組み
 工事施工・作業等における環境への負荷軽減はもとより、地球温暖化対策、 循環型社会の構築、生物多様性の保全などに取り組むとともに省エネルギーに努めます。

6.職場のあり方

(1)魅力ある労働環境の創出
 雇用・労働条件の改善・向上に努め、仕事にやりがいと誇りを持てる魅力ある労働環境の創出に努めます。
(2)公平で、『人』を大切にする経営
 多様な人材の個々の能力・活力が十分に発揮されるよう、公平な処遇を実現するとともに、個性を尊重した人財育成を推進し、『人』を大切に
 する経営を堅持していきます。
(3)不当な取り扱いや差別の禁止
 人を大切にする企業として、従業員の多様性・人格・個性を尊重し、雇用管理や処遇を含め職場における不当な取り扱いやセクシャルハラス
 メント、パワーハラスメント等差別の禁止の徹底を図ります。

7.対応・措置

 この規範に反する事態が発生したときは、社内規程に則り厳正な処分を行うとともに、経営の責任者は自ら問題解決にあたり、原因究明及び再発防止に努めます。